MENU

「モンスターペイシェント」入院患者さん・家族からの嫌がらせ

看護師の人間関係の悩みは、看護師同士のイジメや嫌がらせだけではありません。

 

患者さんや家族からの嫌がらせも、また別のつらさがあります。

 

最近増えているのが、「モンスターペイシェント」。

 

些細なことでクレームをつけ、圧力をかけてくる患者さんです。
看護師はその患者さんに会うのが憂うつになって、足が遠のいてしまいますが…訪室しないとしないで、呼び出されて叱られるのは目に見えています。

 

ある入院患者さんは、看護師の説明不足に対して怒り、個室に何時間もその看護師を閉じ込めて説教して問題になりました。

 

他の業務ができないのに部屋から一歩も出させてくれず、その間、延々と叱られ続けたということです。

 

また、あるレスパイト入院の患者さんの家族は、家で自分がしているのと同じケアを看護師にも要求し、看護師の一挙手一投足をチェックしては、違うところがあるとクレームをつけていました。

 

看護師は複数の受け持ちがいるので、その患者さんにかかりきりになるわけにはいかないのですが、そんなことはお構いなしです。

 

特に、新人看護師だとわかると、目を光らせてチェックし、行動の根拠を答えられないと厳しく責められていました。

 

精神的苦痛や業務への支障があまりにひどい場合は、強制退院にも相当する場合もありますが、そこまでいかない場合も我慢する必要はありません。

 

管理職に相談して、まずは事実を知ってもらいましょう。

 

モンスターペイシェントに関しては、自分ひとりで対応すると話がこじれてしまう恐れがあるので、広く知ってもらって、対策を立てた方が安全です。