MENU

人間関係に悩む看護師さんへ…リエゾンナースって知っていますか?

人間関係に悩んでいるけれど、誰にも相談できる人がいない…

 

そんな人に、是非知っておいてほしいのが「リエゾンナース」です。

 

リエゾンナースは、精神看護のエキスパートの看護師です。

 

資格としては、日本看護協会の精神看護専門看護師のほか、日本精神看護技術協会の認定看護師という道もあります。

 

また、病院によっては、特定の資格はなくとも独自にリエゾンナースを設けているところもあります。

 

リエゾンという言葉には橋渡し、連携といった意味があり、リエゾンナースには人と人とをつなぐ役割があります。

 

リエゾンナースは、患者さんや家族の不安や苦痛に対する直接的な援助だけでなく、各部署のスタッフから相談を受け、スタッフが患者さんと上手く関われるように指導や倫理調整をしたり、悩みを抱えているスタッフ自身のメンタルヘルスの援助も行います。

 

この、スタッフ自身の援助がポイントです。
医療現場の過度なストレスに対処し、質の高いケアを提供するためには、まず、「ケアをするスタッフ自身の心の健康」や「ケアする人をケアする」ことが、近年重視されています。

 

リエゾンナースが活動している病院はまだまだ少ないですが、もしあるのなら是非活用してください。

 

職場内の人間関係に悩んでいる人も、リエゾンナースに相談すれば、精神看護のエキスパートの視点で紐解いてくれるはずです。

 

また、人間関係に悩んだからこそ、弱い人の立場も理解できることを活かして、リエゾンナースを目指すという手もあります。