MENU

孤立しやすい…男性看護師へのイジメ

看護師の職場は基本女だらけの職場で、イジメのターゲットになるのは女性だけとは限りません。

 

男性看護師こそ、要注意です。

 

男性看護師は近年増えてきてはいるものの、看護の現場ではまだまだ少数派。

 

男性看護師は1つの部署に数人いればいい方です。

 

 

男性で看護師を選ぶ人は少数派なので、珍しい存在として扱われることもあり、気に入られなければ浮いてしまうこともしばしば。

 

そのため、休憩室でも男性看護師はいつも一人。
ミスをしたり、上司から注意を受けたり、忙しかったりしても、親しい人がいないので、誰もフォローの声をかけてくれません。

 

男性看護師の方からも、話しかけづらい雰囲気で、弱音を吐くなんてとてもできない状況です。
このように、味方になってくれる人ができず、孤立しやすいのが男性看護師の特徴です。

 

しかも、女性看護師は男性に対して厳しくジャッジする傾向にあります。
誰もが認める優秀な人なら文句はないのですが、そんな人めったにいません。

 

「頼んだことをしてくれなかった」「遊んでそう」などと何かにつけて否定し、特に仕事ができないと判断されると、あっさり切り捨ててしまうのです。

 

そんな状況を作っているのは、実は一部の影響力の強いナース。
ところが、おとなしいナースはそれに同調するので、結局誰もが必要最小限しか話さなくなってしまいます。

 

男性看護師にとって、厳しいナースの世界。
でも、そんな職場ばかりではありません。

 

女性だけしかいない閉鎖的な職場はオススメできませんが、部署や病院によっては他にも男性看護師が複数いたり、コメディカルと関わる機会が多いオープンな職場もあり、そのような職場では女性看護師もおいそれとイジメはできなくなるはずです。